賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸の収納で、出し入れがしやすいかがあります。使いにくければ、使わないようになり無駄が増えます。

賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました
賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸の収納では出し入れのしやすさ

台所などに床下収納が付いていることがあります。床下は地面のことが多く、温度の変化があまりないところです。そのことから長期期間保存したいものなどを入れておくことがあります。非常に便利なのですが、取り出しやすさに関してはあまり良くありません。床に座った状態で、さらに体を収納の中に入れないと取り出せないこともあります。そのために収納はあるけども使っていないところもあります。収納は使いやすくてはじめて機能するものです。

賃貸物件においては、間取りから大体の収納の場所、スペースを確認します。間取り図からは面積についてはわかるのですが、容積についてはわかりません。高さがどれくらいあるかわからないのです。実際に見るようにしておきます。さらに、出し入れについても大事です。せっかくスペースはあるので、使いにくいと使わなくなります。無駄なスペースになります。このスペースにはこれを置きたいと想定してから見に行くとそのように使えるかがわかります。

引き戸タイプと開き戸タイプの場合、使いやすさでは開き戸なのでしょう。しかし、開き戸だと手前に物が置けません。引き戸は居室を有効に使う上ではメリットになります。どちらにもメリットとデメリットがあると思いながら使います。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました.All rights reserved.