賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸において、収納スペースを勝手に作ることはできません。無傷でフックなどをかけることはできます。

賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました
賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸では無傷で収納スペースを作る

洋服をかけておくところは、クローゼットがあればそちらです。なければ洋服ダンスです。日常的によく着るもの、部屋着などについてはいちいちクローゼットなどにしまうのは面倒です。その場合はつい外に出したままにしてしまいます。それが1着ぐらいなら良いですが、数着ぐらい置き出すと、途端に部屋の中が乱雑になってきます。最初が肝心なのです。整理整頓が出来る人は、ちょっとしたところでうまく収納をするようにしています。

自分の持ち物であれば、自由に日曜大工をして収納を作ることができます。原状回復などを考える必要はありません。賃貸の場合は、元に戻すことになるので、勝手に収納を作ることはできません。ある物件においては、間取りなどは気に入っているのですが、収納が少なめでした。収納を増やす方法としては、空間をうまく利用することです。便利なものとして、容易に取り付けて容易に外れる金具があります。それを壁に取り付けてみましょう。

フック状になっていて、上着などをかけることができます。ちょっとしたかばんもかけることができます。壁に一列に並べるようにかけておけば、外出するときにそこから1つずつ取っていけば忘れ物も防ぐことができます。

そのほかの記事

オススメワード

Copyright (C)2017賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました.All rights reserved.