賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸で消費してしまう資産よりも、新築物件を購入して、自分たちに資産を残すことの方が有意義です。

賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました
賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸よりも新築物件を選ぶ理由

先日とあるニュースで、一生賃貸で生活した場合いったいいくらかかるのか。という記事が掲載されていました。そこには、一生賃貸で生活した場合、3,800万円かかると書いていました。3,800万円と言いますと、新築が1軒建つ金額です。それを一生払い続けるのであれば、資産にもなる家を持つ方がいいのではないかと考えさせられました。人それぞれ考え方があると思いますが、賃貸の場合修繕費等は必要ありませんが、持ち家となると、何かと修繕費が必要となり、随時の出費がひつようとなります。

しかし、持ち家を持つと言うことは、自分の資産として残るということで、将来子どもたちにのこしてやれるというメリットもあります。そして、新築で購入すれば、その家に長く住めるというメリットもあります。さらに、新築で購入する際、建て売りではなく、自由設計を選択する事が可能であれば、自分たちの意向を十分に入れることができ、より愛着の湧く家となります。そして、一生をその愛着のある家で暮らすことができます。

新築の物件を購入する際、頭金がないとと思われる方もいるとは思いますが、最近では、諸費用も含めてローンを組むことができ、今まで以上に家を購入しやすくなっています。

そのほかの記事

Copyright (C)2017賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました.All rights reserved.