賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

色合いや高さ、収納グッズを工夫すれば、色々制約のある賃貸でもスッキリとさせることができます。

賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました
賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました

賃貸でもできる収納テクニック

部屋の広さがなくても、整理整頓がされていて物が少ないと部屋全体がスッキリと見え広く見えます。例えそれが賃貸物件だとしても同じことが言えます。マイホームのようにすべてが自由にカスタムすることは難しいかもしれませんが、収納スペースや収納テクニックで印象や広さがだいぶ違ってきます。元からクローゼットなど備え付けの収納先がついていること理想ですが、そうでなくても、ホームセンターやインターネットで格安で収納ボックスなどを手にいれらることができます。また、部屋全体の高さを揃えることで統一感が生まれ、物が置いてあっても圧迫感を感じにくくなります。なので、収納ボックスを購入する際にも同じ物を買うか高さを合わせるとスッキリと見せられることができるのです。

また、収納スペースで大切なポイントはゆとりです。すべて詰め込んでしまっては、次に何か物が増えたときに片付けることができないので、3分の1ぐらいのスペースは確保しておくと何かのために役立ちます。クローゼットの中につっかえ棒をいれてしまえば服をかけておけるのでだいぶ収納が楽になります。長さの合った棒をいれるだけなので賃貸でも傷をつけることがないのでおすすめです。部屋全体の色合いを統一することもスッキリと見せる初心者向けのテクニックのひとつです。

そのほかの記事

オススメワード

Copyright (C)2017賃貸の収納スペースをきれいにすると愛すべき場所になりました.All rights reserved.